歯を失ってしまった方へ

歯を失ってしまったら、放置せず治療を受けることをおすすめします。
当院では、快適な入れ歯にも対応しています。

歯を失ってしまった時の治療選択肢

歯を失ってしまった時の治療方法としては、「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」の3つがあります。

当院では、噛み心地・話しやすさ・お手入れのしやすさ・見た目・費用面などを考慮し、入れ歯とブリッジでの治療を提供しています。それぞれにメリットとデメリットがありますので、当院では患者様とよく話し合った上で、納得のいくものをお選び頂くようにしています。

なお、歯を失ってそのままの状態で放置しておくと、隣の歯が倒れてきて、場合によっては歯並び全体が崩れてしまうことにもなりかねません。歯を失ってしまうことがありましたら、すぐに治療を受けるようにしましょう。

当院の入れ歯治療

入れ歯は、痛い・違和感がある・噛みづらい・話しづらいといった不具合が出てしまうことがありますが、当院ではできるだけこういったデメリットをなくすためにしっかりと調整をさせて頂いております。

他院で作られた入れ歯でも構いませんので、我慢して使用せずに、お早めにお持ち頂ければと思います。
また、これらのデメリットを払拭するための新しいタイプの入れ歯も取り扱っておりますので、より快適な入れ歯生活を楽しみたい方はお気軽にご相談ください。

金属床の入れ歯

入れ歯を支える土台(床)が金属でできています。

使用する金属は、「チタン」「プラチナと金の合金」「コバルトクロム」の3種類があり、それぞれ身体との相性・強度・薄さがやや異なります。

金属床の入れ歯のメリット

装着時の違和感が少ない
熱が伝わりやすいため、食事を楽しみやすい
お口の中で安定する

ノンクラスプデンチャー

バネがなく、見た目が気にならない入れ歯です。

歯並びや歯を失った箇所によっては適用できないこともあります。
まずは、お気軽にご相談頂ければと思います。

ノンクラスプデンチャーのメリット

金属のバネがないため目立たない
薄く作ることができるため、違和感が少なくなる
軽い(従来の入れ歯の約半分)
金属アレルギーの心配がない
はらい川歯科医院 tel:03-3611-4364